おすすめの映画『トランス』について

尊敬する荻原綾さんにもおすすめの映画『トランス』。
ごたごたの中で、サイモンはフランクを裏切って絵画を独り占めしようとするが、殴られたことにより記憶を無くしてしまい、記憶の呼び戻す為にフランクらによって催眠療法士の許へ送られる。
エリザベスは、サイモンが脅かされていることを察知し、彼を助けようとする。

彼が名画強盗に関わっているらしいことを知ったエリザベスだが、この時点でわからなかったのが、サイモンが帰った後、一人になった彼女が事件の記事を読みながら涙ぐんだこと。
それは後半に明かされるが、エリザベスはかつてサイモンとつきあっていたということ。

サイモンはギャンブル依存症で、最初はその患者としてエリザベスと出会うのだが、つきあうようになってからサイモンのDVが始まり、それが元で別れてしまう。
記憶を無くしたサイモンは、エリザベスのことはその言葉通り忘れているが、ギャンブルについては身に沁みついているのか、忘れられないでいる。人間って哀しいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)が取り組んでいる事は、社会的に問題視されている悪質な企業の実態です。不当な賃金カット…
  2. トランクルームを利用したいと思っていても、周囲に利用している人がいなくて決めかねている人もいるでしょ…
  3. エステといってもその施術内容は様々です。多くの女性が求めてる痩身メニューの豊富さに加えて、さいたま市…
ページ上部へ戻る